2015/9/1WEBマーケティング

【随時更新】Web関連セミナー探しに役立つサイトまとめtakahiro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
web-seminar

WEB業界では自分のスキルアップの為にいろんな知識をつけないといけませんよね。

ここでは、そんなWEB関連のセミナーやイベント・勉強会をまとめているサイトなどを紹介していきます!

 

イベントなどを探す際にご活用ください^^

 

※情報は随時更新します。

 

1.WEB関連セミナーのオススメまとめサイト

まずはイベント・セミナー情報をまとめているサイトからです。

Doorkeeper

doorkeeper

Doorkeeper

 

コーダー向けのイベントや勉強会が多く集まっているサイトです。Rubyやphp、Pythonなどの言語を勉強したい人にオススメです。

 

dots.

dots

エンジニアのための勉強会・イベント情報サイト dots.(ドッツ)

 

dots.はタグがかなり細かく設定されているので、目的のセミナーを素早く検索ができます。

また、カレンダー検索もあり直近のセミナー予定の一覧を見れます。

 

さらに便利なのが、イベントの資料を見れるところですね。ユーザ登録していればクリップしておくこともできます。

イベントと同様にタグから資料を探すことができます。

 

ATND

atnd

ATND

 

RECRUITが運営しているイベント出席管理サイト。

おもしろい・たのしい・ためになるイベントが集まっている。

 

タグやカテゴリによる検索などがあまりないので目的のセミナーを見つけるのは大変かもしれません。

まずは『注目のキーワード』かイベント検索にキーワードを入れて検索してみましょう。より詳細に検索できるフォームが出てきます。

 

Peatix

peatix

Peatix

 

セミナーに良く参加している人は決済のときに一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

チケット販売なども気軽にできるセミナー管理サービスですが、イベントを検索することもできます。

 

WEBに特化しているわけではないので、いろんな種類のイベントが掲載されています。

 

connpass

conpass

connpass

 

グループなどを作る機能もあり、イベントが回を追う毎に大きくなっても大丈夫!

イベント管理者側としてはありがたいですね。

 

イベントやセミナーはカテゴリ毎に分類はされているのですが、掛け合わせでの検索が出来ないためちょっと探しにくいかも。

でもグループ機能で、同じ業界や境遇の仲間が増えて行くかも!

 

2. 団体や企業のWEB関連セミナー

次は団体や企業などで行われているセミナーをご紹介します。

 

CSS Night

cssnight

CSS Night

 

WEB業界では1番有名なセミナーではないでしょうか?

CSSの勉強会として始まったCSS Nightですが、今ではコーディングだけにとどまらずPhotoshopやSEO、ディレクションまで幅広い内容でセミナーが行われています。

東京だけでなく、地方でもセミナーが開催されています。

 

WordBench/WordCamp

wordbench

WordBenchWordCamp

 

WordPressに特化したセミナーです。

最近ではコンテンツマーケティングなどでの施策としてよくメディアサイトが立ち上げられていますがWordPressで制作されていることも多いです。

 

WordPressのスキルアップをしたい場合などに参加してみてはいかがでしょうか?

 

Web担セミナー

webtan

Web担当者Forum

 

みなさんご存知Web担です。

コーディングなどのセミナーは少なく、アナリティクスやSEO、マネージメント、コンテンツの作り方などのサイトを運営していくのに必要な知識を身につけるセミナーが多く開催されています。

ちょっとお高めです。

メーリスも多く配信されているので、登録しておいて気になるセミナーがあったら見てみるのもいいと思います。

 

マーケジン・アカデミー

mza

マーケジン・アカデミー

 

未来のCMO(最高マーケティング責任者)を育てるをコンセプトにしたセミナーです。

マーケッター向けのセミナーが多く、コンテンツの書き方やアナリティクスなどのセミナーが多いです。

 

OpenCU

opencu

OpenCU

 

ロフトワーク社が運営しているクリエイティブやビジネスに関する「学びあい」を促進するためのサイトです。

イベント情報なども掲載されていますが、ユーザ登録することでグループにも参加することができます。

 

3.その他の情報源

ここまではセミナー用のページを持っているサイトを紹介してきました。しかし、セミナーの情報は違うところからも得ることができます。

schoo

schoo

schoo

スクーではネットで生放送や録画授業を見ることができます。

授業もデザインからマーケティング、コーディングまで幅広く準備されており、授業を見ていると講師の方のセミナー情報なども告知される場合があります。

気に入った講師の人を見つけたら、行ってみるのもいいのではないでしょうか?

 

4.最後に

自分の存在価値アップ!の為にもいろんなセミナーに行かれてはいかがでしょうか?

きっと仕事で頼られる存在になりますよ^^

 

随時更新を行っていきたいので、上記にないセミナーなど「ここにもこんなサイトあるよ!」っていうのがあったら是非教えてください!

twitterなどで連絡いただけたら幸いです。

 

 

5.更新履歴

更新日付 概要
2015/9/1 初版

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

takahiro

takahiroWebデザイナー/ディレクター

Skill:HTML,CSS,PHP,WordPress,Photoshop

WEBサイト制作/運用/コンサルティング
たまにカメラとかもやってます。

この著者の最新の記事