2015/5/28アナリティクス

【Googleタグマネージャ 新UI】外部リンクをトラッキングする方法takahiro

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タグマネージャでの外部リンクのトラッキング

Googleタグマネージャが6月1日から新しいUIに全面的に移行になります。

すでに新しいUIで設定を行うこともできます。

 

外部サイトへの遷移状況を確認したいと思い

新UI時で外部リンクのアクセスをトラッキングしたいと思い設定していたら【リンククリックリスナー】の項目が無くなってる。。。

 

あれ?っと思って調べたけど新UIでの設定方法が見つからなかったのでまとめ。

 

先に解説しておくとリンククリックリスナーはトリガー設定の中に吸収されてます。

 

2015/6/15追記

この設定ではどの画像をクリックしたかまではトラッキング出来ないため、外部リンクへの画像をトラッキングする方法を「バナー画像の外部リンクをトラッキングする方法」に記載しました。画像からの外部リンクをトラッキングしたい場合はこの記事と合わせて読んでみてください。

 

1.新しいタグマネージャーの変更点

新しい管理画面のUIに移行してパッと見で分かりますが、デザインがかなり変わっています。

バージョン管理はサイドメニューからヘッダーに移動してたりします。

 

Googleタグマネージャの新しいUI画面

 

最近のアクティビティも表示されるようになり。直近でどのような更新が行われているのか分かりやすくなりました。

名称の変更もされています。トリガー(旧ルール)、変数(旧マクロ)などですね。

また、変数は選択して選ぶことで使用できるようになっています。

 

 

Googleタグマネージャの変数設定画面

 

追加で設定したい変数については、「ユーザー定義変数」から自分で追加しましょう。

他にもタグやトリガーの作成フローに変更があったりしますが、使ってみると分かると思います。

 

2.外部リンクのトラッキング設定

それでは外部リンクのトラッキング設定方法を見て行きましょう。

変数の設定

対象サイトのコンテナの作成が完了したら、「変数」を選択して変数の追加・登録を行っていきます。

 

変数の設定および追加

 

URLのクリック数をカウントするので「Click URL」にチェックを入れてください。

また、アナリティクス側でどのページから、どのURLに、どのアンカーテキストで遷移したかを計測するために変数を3つ定義していきます。

 

1.url Path

url path変数の追加

 

タイトルを「url path」とし、種類を【URL】、変数設定を【パス】として変数を作成してください。

 

2.element url

element url変数の追加

 

タイトルを「element url」とし、種類を【自動イベント変数】、変数設定を【要素URL】として変数を作成してください。

 

3.element text

element text変数の追加

 

タイトルを「element text」とし、種類を【自動イベント変数】、変数設定を【要素テキスト】として変数を作成してください。

 

これで変数の設定は完了です。

 

トリガーの設定

次にトリガーを設定していきます。

まずは、サイドバーからトリガーを選択して新規作成を選択してください。

 

タグマネージャのトリガー設定

 

今回はトリガー名を「外部リンククリック」としています。

イベント選択で【クリック】を選択し、トリガーを設定で「リンククリック」を選んでください。

 

以前のバージョンの管理画面であったリンククリックリスナーはここで設定されるため、なくなっています。

次の手順でタグを作成しますが、その際にはリンククリックリスナーのタグは作成しません。

 

有効化のタイミングの設定

 

次に有効化のタイミングを設定します。

【Page URL】、【正規表現に一致】を選択し、「.*」を入力してください。

 

配信するタイミングの設定

 

最後に配信するタイミングを2つ設定します。

【Click URL】、【先頭が一致】を選択し、「http」を入力してください。これでhttpから始まるURLが対象になります。

また、【Click URL】、【含まない】を選択し、「test.com」を入力してください。これは自分のサイトを除外するために必要です。

 

これでトリガーの設定作業は完了です。

 

タグの設定

最後にタグの設定をして配信準備は完了です。

サイドバーのタグより新規作成を選んでください。

 

タグマネージャのタグの新規作成

 

タグ名を「GA 外部リンク計測」としています。

プロダクトを選択で【Google Analytics】を選択して、タグの種類を選択で【ユニバーサル アナリティクス】を選択してください。

 

プロダクトを選択で選んでて気付いたかもしれませんが、リンククリックリスナーの項目が消えてました。

僕は設定していてここで躓いたわけです・・・。

 

Googleアナリティクスのトラッキングコード設定

 

GoogleアナリティクスのトラッキングIDを入力してください。

トラッキングタイプで【イベント】を選択し、カテゴリで「Click」、アクションで「{{element url}}」、「{{url path}}|{{element url}}|{{element text}}」を入力します。

先ほど設定した変数をここで使用するわけですね。

 

配信するタイミングの設定

 

最後に配信するタイミングを選択してタグの作成は完了です。

【クリック】を選んだらポップアップがでてきますので、先ほど作成した【外部リンククリック】トリガーを選択してください。

タグを保存すれば配信準備は完了です。

 

最後に管理画面右上の【公開】ボタンを押してバージョンを公開すれば作業は完了です!

 

注意点ですが、今回設定したタグではクリックのみしか計測できません。

Googleアナリティクスのページビューの計測を行いたい場合は、別途タグを作成してください。タグを設定のトラッキングタイプで【ページビュー】を選択してタグを作成・公開すれば計測することができます。

 

 

3.外部リンクトラッキングの確認

タグマネージャでタグなどの設定・公開が完了したら、正しく設定できたか必ず確認しましょう。

確認方法は簡単です。

Googleアナリティクスで対象のサイトのレポートを開き、リアルタイム>イベントを選びましょう。

 

実際にサイトにアクセスしてみて、外部リンクをクリックします。

外部リンクをクリック後にアナリティクスを確認しイベントが発生していれば問題なく動作しています。

 

 

4.まとめ

今回はGoogleタグマネージャで設定する外部リンクの計測方法をご紹介しました。

2015/6/1から管理画面が新しいUIに移行になります。

 

僕は、昔の画面だとあったはずのリンククリックリスナーが無くなっていて、設定方法で悩んでしまいました。

新しいUIで設定される際に役立てていただければと思っています。

 

設定はそんなに難しくないので、アフェリエイトなどをやられている方でどのページからどのくらい外部リンクをクリックされているか計測したい際などに設定してみてはいかがでしょうか?

 

 

参考サイト:Googleアナリティクスヘルプフォーラム

超簡単に外部リンクをほぼ全てトラッキングするグーグルタグマネージャー設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の著者

takahiro

takahiroWebデザイナー/ディレクター

Skill:HTML,CSS,PHP,WordPress,Photoshop

WEBサイト制作/運用/コンサルティング
たまにカメラとかもやってます。

この著者の最新の記事